ここから本文です


岡山大学病院 エネルギーセンター 様

近隣への音漏れを最小限に抑える防音扉

岡山大学病院 エネルギーセンター 様

病棟のボイラー設備、緊急時用発電設備・空調用熱電源設備を設置している施設です。病院は膨大な電力を使用する上に、災害時など周囲が停電しても電気の供給を止められません。病院の運営上、非常に重要な施設です。

REQUEST

  • 熱源設備の稼働音が扉のすき間から漏れることへの対策を施したい
  • 大型設備の搬出入が可能な扉を設置したい

ANSWER

  • 遮音性能の高い防音扉を設置
  • 大型設備の搬出入が可能なサイズの扉を製作

背景と課題

敷地内に同様の既存施設があります。そこでは熱源設備の稼働音が周囲に漏れることがあり、近隣の施設や住宅に迷惑をかけることがありました。エネルギーセンター新築に伴い高い防音性能があり、かつ発電機・冷凍機等の大型設備の搬出入が可能な大型の扉を設置する必要がありました。

納入させていただいた製品

大型の防音扉を納めました。各設備が発する音量を算出し、そこから逆算して防音対策が設計されました。ハンドルを回転させ扉本体を扉枠に貼られたパッキンに押し付けることで、遮音性能を高めています。大型扉の厚みに加えて、施設内の壁と扉の内側に吸音マットを貼ることで、より高い防音効果を発揮しています。また扉のサイズは、大型設備が搬出入できるようにオーダーで製作しました。

大型設備の搬出入が可能な扉

扉と扉枠を圧着させるパッキン

扉の内側に貼られた吸音マット

扉を扉枠に圧着させるハンドル

製品に関するお問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

webからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

お近くの事業所までお願いいたします。
事業所一覧へ


  • 導入事例
  • 会社案内
  • 採用情報
  • ご相談・お問い合わせ
  • カタログ・図面ダウンロード
  • よくあるご質問
  • リンク

ここからフッター情報です