ここから本文です


某発電所 様

災害時など万一の際に水の浸入を防ぐ扉

某発電所 様

発電設備を備え、発電を主目的に行う施設です。発電装置と関連する設備、及び電気を消費側に送出する送電設備から構成され、継続して安定した電力を供給し続ける休止できない施設です。

REQUEST

  • 重要な設備などがある部屋への浸水を防ぐ扉を設置したい
  • 設計通りの水密性能が保証された扉を設置したい

ANSWER

  • 扉の設置場所ごとに想定される浸水高に対して水密扉を製作
  • 必要に応じて水密実験を実施し性能を確認

背景と課題

東日本大震災で東北地方一体が甚大な津波被害を受けました。想定した以上の津波であったため、全国の各発電所ではこれまでの津波対策を見直すことになりました。災害時の津波と浸水の高さを再度想定し直し、施設内各所の扉の水密性能を見直しました。また設計通りの水密性能が保証された扉であることの確認が必要でした。

納入させていただいた製品

想定される浸水高に合わせた水密扉を設計・製作しました。設置環境により、ハンドルをほとんど回転させることなくパッキンを扉枠に圧着させるテーパー式カンヌキを採用したタイプ(事例1)、ハンドルを7回転させてしっかりとパッキンを扉枠に圧着させるエキセンタイプ(事例2)と圧着装置を使い分けています。また、必要に応じて実際に水密試験を実施し、水密性能の確認を行っています。

圧着用のハンドルが付いた水密扉

扉と扉枠のすき間を埋めるパッキン

(事例1)テーパー式カンヌキ

(事例2)エキセンタイプ

製品に関するお問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

webからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

お近くの事業所までお願いいたします。
事業所一覧へ


  • 導入事例
  • 会社案内
  • 採用情報
  • ご相談・お問い合わせ
  • カタログ・図面ダウンロード
  • よくあるご質問
  • リンク

ここからフッター情報です