ここから本文です


入退室管理システム

一般執務室から最重要室の出入りまで、あらゆるセキュリティレベルの入退室に求められる機能を満載

クマヒラのセキュリティシステムは、システム全体を変更することなく、コンポーネント化された機器を追加し、必要なセキュリティ機能を選択して頂くスタイルにパッケージ化されています。TCO(トータル運用コスト)削減に貢献します。

入退室管理システムの導入事例を見る

入退室管理とは

入退室管理とは、人を区分し、部署・職責や用途に応じて入退室できるエリアを制限し、入退室履歴を管理することをいいます。
情報漏洩の8割が「内部関係者」と言われる昨今、部外者の排除はもちろん、内部者に対する「入退室管理」を行うことが最も効果的です。

クマヒラの入退室管理システムの特長

標準パッケージから多彩な機能を選択

例えば・・・選べる認証方式
利用者の「入退室を制限」し、「入退室を記録」する事が入退室管理システムの基本です。
利用者の認証は、暗証番号、IDカードによる本人認証はもちろん、生体認証は「顔」「指紋」「指静脈」「手の甲静脈」「手のひら静脈」から選択できます。
さらに、複数の認証方式を組み合わせることで、場所に応じてセキュリティレベルを柔軟に変化させる細やかな入退室管理を行うことができます。シンプルな管理から高度な管理まで対応します。
例えば・・・ツーパーソンルール
2名同時にアクセスした場合のみドアを解錠出来るように制御することにより、厳正な入退室管理を実現します。重要エリアにおいて1名で作業する状況がなくなり、不正行為を防止します。

システム導入から運用管理および監査対策まで

セキュリティゲート、鍵管理、映像監視、キャビネット等のセキュリティ機器を入退室管理と連携させ、一元的に管理する事が可能です。
照明・空調・エレベータ・警備等の他システムと連動させることもできます。
クマヒラの入退室管理システムは、建物という枠を超えて、企業で一括管理する『コーポレート・セキュリティ』の中核としてお客様のシステム導入から運用管理および監査対策まで考慮したトータルセキュリティシステムです。

製品ラインナップ

GG-2

GG-2

建築と調和するデザインと、高いセキュリティ性能を追求した次世代型の入退室管理システムです。

GG-1

GG-1

2001年からバージョンアップを続け、これからも進化を続ける入退室管理システムです。

GG-Slim

GG-Slim

表面のデザインを着せ替え可能で、1ゲートから気軽に導入できる入退室管理システムです。


  • 導入事例
  • 会社案内
  • 採用情報
  • ご相談・お問い合わせ
  • カタログ・図面ダウンロード
  • よくあるご質問
  • リンク

ここからフッター情報です