ここから本文です


デジタル監視レコーダー(H.265圧縮) SX-H3

多彩なカメラと録画方式に対応したハイブリッド型デジタルレコーダーのハイエンド・モデル

ネットワークカメラとCCTVカメラを混在して接続でき、同時に最大32台のカメラ映像を録画することができる、ハイブリッド型レコーダーのハイエンド・モデルです。
最新の動画圧縮方式H.265により、従来のH.264に比べ約1.4倍の長期録画が可能になりました。
監視画面にはダーク系UIやアイコン表示をふんだんに採用し、視認性と操作性をアップさせました。また、日本防犯設備協会のRBSS認定を受けております。

H.265対応で大容量・長期録画

最新の動画圧縮方式H.265に対応することで、従来の動画圧縮方式H.264に比べデータ量を約7割に抑えられます

(※)

。そのため同じ映像でもより長期的な録画が可能になり、監視管理を厳密化することができるようになります。

※ネットワークカメラのみ対応。またデータ量の減少率は接続カメラ機種によって多少異なります。

デジタルカメラでもアナログカメラでも接続可能

デジタルカメラなら最大32台まで接続でき、そのうち16台までをアナログカメラで構成することができます。
そのため、既設のアナログカメラを使用しながら徐々にデジタルカメラへ置き換えていく段階的なリプレイスも可能です。

増設ユニットとの組み合わせで最大96TBまで録画可能

ハードディスクを増設することで、録画データの長期保存が可能です。
冗長化してRAID増設ユニットを導入すれば、万が一ハードディスクが故障しても問題なく録画を継続できます。

製品に関するお問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

webからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

お近くの事業所までお願いいたします。
事業所一覧へ


  • 導入事例
  • 会社案内
  • 採用情報
  • ご相談・お問い合わせ
  • カタログ・図面ダウンロード
  • よくあるご質問
  • リンク

ここからフッター情報です