CASE STUDIES導入事例

重要エリアへの浸水を食い止める扉

某大学研究施設 様【特殊扉】

某大学研究施設 様

様々な放射線関連設備を備え、放射線同位元素等の利用における安全管理体制の構築、放射線取扱者に向けた教育や研修ならびに先端的な研究を行っている施設です。産業・医療・エネルギー等の幅広い分野で利用される放射線の安全な利用の推進に貢献しています。

RESULT

ご採用製品

水密扉Bタイプ

重要エリアへの浸水を食い止める水密扉

地下に放射線の取り扱い区域があり、建物周囲の掘り下げられたドライエリア外壁部に水密扉が設置されています。
津波の心配は比較的少ない地域でしたが、大雨が降った際にエリア内に水が浸水し、放射線に汚染された水が外部に流れ出ることを防ぐために、高い水密性能を備えた水密扉が採用されました。
建築検討段階からご提案を行い、豊富な納入実績をもつ当社の水密扉から本製品を採用いただきました。
水密扉Bタイプは高さ15mまでの浸水に耐えることができ、大型対応・スライド開閉式対応が可能な水密扉です。

導入した製品