SPECIAL DOOR 特殊扉

防水扉・水密扉

水害対策は万全ですか

集中豪雨やスーパー台風などの異常気象により発生する河川の氾濫、地震により発生する津波や都市部で発生する内水氾濫などの水害は、建物や設備に深刻な被害をもたらします。建物において、二次被害を防ぐための水害対策は必要不可欠です。
いつ発生するか予測できない水害からインフラ設備や重要物を守るためには、防水扉・水密扉などの特殊扉や防水板の設置が有効です。

MAIN FEATURE

防水扉・水密扉の特長

設置環境に合わせたオーダーメイド

クマヒラの水密扉は、浸水時に発生する水の圧力に対して、室内に水を漏らさない「水密性能」と、圧力に耐える「耐水圧性能」の2つを発揮して浸水から保護対象物を守ります。
クマヒラの水密扉は、保護対象物を取り巻く環境リスクから、適正な水密性能を検証し最適な性能の扉をご提案します。扉の形状についても両開き扉やスライド式扉、逆圧方式扉など設置環境に応じたご提案が可能です。

高い水密性能・耐水圧性能

防水扉・水密扉の設計開発時には、一定の浸水高さを想定した性能試験を実施し、水密性能と耐水圧性能を確認しています。
浸水高さ1mクラスの簡易型防水扉から50mを超える浸水高さでも水密性能と耐水圧性能を発揮する高水密扉まで、ニーズに合わせたさまざまな扉の提案も行っております。

※扉の水密性能は地方共同法人日本下水道事業団が定める下水道施設標準図の防水建具仕様に準じ、1時間当たりの漏水量0.02㎥/㎡以下を基準としています。
※それ以上の水密性能につきましてもご要望に応じて設計・製作しております。

ハンドルを回すだけの簡単なワン・アクション操作

どんなに高性能な水密扉でも、水害が発生したときに簡単な操作で正常に閉扉できなければその性能を正しく発揮できません。
長年の金庫扉製造ノウハウを活かして開発されたクマヒラの水密扉は操作性にも優れています。扉を閉めてハンドルを回すだけのワン・アクション操作で、しっかりと扉と止水パッキンを密着させて閉めることができ、短時間で水密性能を発揮させることが可能です。

THE SCENE TO USE

利用イメージ

LINEUP

ラインナップ

防水扉・水密扉

  • 水密扉Aタイプ KWD-20000A
    対応浸水高さ:~56m

    原子力発電所等の重要施設でも採用される最高クラスの水密性能を備えた扉です。30mを超える高水位に対応した水密性能を発揮するために度重なる試験を実施し、浸水高さ56mを想定した水密試験においても高い水密性能を確認しております。
    扉にかかる水圧を壁面に逃がす圧力吸収ヒンジや高い水密性能を発揮する独自の圧力追従パッキンを採用しており、スライド式や逆圧式の設計にも対応しています。

  • 水密扉Bタイプ KWD-20000B
    浸水対応高さ:~15m

    研究所・医療施設や上下水道などのインフラ施設等で採用される浸水15mに対応する水密性能を備えた扉です。
    テーパーカンヌキによる締付機構を採用し、確実に扉と止水パッキンを密着させます。大型機械の搬出入も実施できる開口に対応した大型サイズやスライド式、両開き式の製作にも対応しています。

  • 水密扉Cタイプ KWD-20000C
    浸水対応高さ:~3m

    変電設備などのインフラ関係施設や商業施設での防水設備として採用される浸水高さ3mに対応した軽量タイプの水密扉です。
    グレモンハンドルによる締付機構を採用し、簡易なハンドル操作によりパッキンを扉枠に圧着させます。スライド式・両開き式の設計にも対応しています。

防水板

屋外や通路の入り口などの水密扉が据付けられない場所でも設置可能な防水対策製品です。
浸水のおそれがある際に、パネル設置高さまで応急的に水の流入を防ぐことができます。
手動式や電動式など設置環境や運用によって最適な防水板をご提案します。

  • 着脱タイプ

    出入口や通路に手動で設置する軽量タイプの防水板です。あらかじめ取付けられた枠にはめ込んで設置するタイプや、支柱や枠を組み立てて設置するタイプなどがあります。

  • 電動起伏タイプ

    ボタン操作で動作させる電動の防水板です。操作システムを使った遠隔からの操作にも対応しており、防災センター等から管理することができます。また、浸水を感知すると自動的に作動させることも可能です。

  • 水道水圧起伏タイプ

    停電時にも有効な水道水圧を利用して自動で起動するタイプの防水板です。自動浸水感知装置を取り付けることにより、夜間や外出時などの無人状態でも自動で防水板を作動させることが可能です。

  • 浮力起伏タイプ

    浸水時に水の浮力を利用して自動起伏するタイプの防水板です。電気・水道水圧タイプとは異なり動力が不要なため、停電時や断水時にも作動するほか、ランニングコストを抑えることができます。

  • シートタイプ

    手動で設置するシートタイプの簡易型防水板です。シート本体を床に収納しており、水害発生時にも素早い設置が可能となっています。間口が広い場所への設置には支柱が必要となる場合があります。

  • 簡易設置タイプ

    工具不要な簡易設置タイプです。建物の構造により防水板が施工できない場合などに採用いただいております。土嚢に比べると非常に軽量で設置も簡単なほか、繰り返し使用することが可能です。また、本体を重ねて保管することが可能なため少ないスペースで保管が可能です。

CASE STUDIES

防水扉・水密扉の事例紹介