SOLUTION ACCORDING TO THE SCENE課題別ソリューション

省力化・効率化
ソリューション

セキュリティだけではない、プラスアルファのメリットを

セキュリティ管理を人からシステムへ切り替えることによって、省力化や効率化が実現できます。
セキュリティ担当者の管理・運用負担の軽減、警備員の人件費、照明・空調の無駄遣いなどのコストを削減し、経営にプラスの導入効果を実現します。

SCENE 01

鍵の受け渡しを効率化したい

無人での鍵の受け渡しを実現

ご提案 01

内部管理において最も重要となるのは、部屋や資料へのアクセスを制限・記録することです。鍵管理装置を設置することで記録・記帳の手間や管理者の配置が不要になるため、記録における正確性の向上と労務コストの削減が可能です。また、いつでも鍵を貸し出せるため、レンタルオフィスや貸会議室、民泊などにもご活用いただけます。

ご提案 02

鍵管理機と監視カメラシステムを連携させることで、鍵管理装置の利用状況を確実に把握することができます。鍵の取り出しの様子のみを録画する、特定の鍵が取り出された場合に管理ソフト上に監視画面にライブ映像を表示するなど、様々な連動が可能です。

SCENE 02

来訪者管理を省力化したい

QRコード等を利用した来訪者管理

ご提案 01

来訪者に対して施設へのアクセス権限をどのように発行するか、その履歴や来訪者情報をどのように保存するかはすべての企業・組織で大きな課題となります。クマヒラではお客様の運用に合わせ、費用対効果の高い最適なソリューションをご提案致します。

SCENE 03

無人の部屋は照明・空調を切りたい

入退室管理システムを省エネ・コストカットに活用

ご提案 01

入退室管理システムが保持する各エリアの在室人数カウントを利用することで、無人になった部屋の照明・空調をオフにするといった制御が可能となり、省エネ・コストカットを実現します。また、入退室管理システムの持つ情報は接点信号やBACnetを使用して、ビルエネルギーマネジメントシステム(BEMS)に共有することも可能です。

SCENE 04

セキュリティシステムの管理負担を軽減したい

負担なく使い続けられるセキュリティシステム

ご提案 01

人事データベースや来訪者受付システムと連携することで、セキュリティシステムの登録情報の更新を自動的に行うことができます。また、セキュリティシステムに蓄積された入退室履歴等のデータを外部に出力し、勤怠管理システムに取り込んで出退勤記録として共有することも可能です。

ご提案 02

導入後の運用が重要なセキュリティシステム。設備の状態監視や時刻補正、トラブルシューティングなど、お客様の運用の一部をクマヒラが代行致します。また、保守サポート契約を締結いただくことで、24時間365日対応可能なコールセンターによる製品取扱い説明や、トラブル時には受付時間翌営業日までの出向対応でサポートします。

CASE STUDIES

省力化・効率化に関する事例紹介