SOLUTION ACCORDING TO THE SCENEシーン別ソリューション

ミュージアム向け
ソリューション

作品・資料を『守る』空間の構築、施設内セキュリティの拡充

作品・資料の保管・保存をメインとした収蔵庫設備、展示物を守りながら見せる展示エリアの構築、さらには職員の管理負担軽減や安全確保のためのセキュリティの導入など、作品・資料だけでなく、人・施設全体を守るためのソリューションをご提供いたします。

SCENE 01

エントランス

不特定多数の来館者に対応、安全かつスムーズな入館の実現

ご提案 01

フラッパーゲートによる入退館の管理やQR入館証の発券と、カード回収機の設置で、従来必要だった人力での受付業務を自動化・省力化できます。また、有料エリアと無料エリアのゾーニングにも活躍します。

ご提案 02

エントランスに監視カメラを設置し、来場者やモノの様子を確認します。広範囲を撮影できる全方位カメラを使用することで、カメラ台数を削減でき、来場者に威圧感を与えることなく効率的に監視することが可能です。

SCENE 02

展示室

展示物を守りながら見せる

ご提案 01

保存環境に配慮しながらも来場者が鑑賞しやすい展示設備を、展示物に合わせて製作いたします。気密性を持ったエアタイト式や免震・耐震装置付などの対応も可能です。また、展示計画の立案や展示コンテンツの制作までトータルでサポートしています。

ご提案 02

博物館や美術館には貴重な作品・資料が多く収蔵されています。監視カメラを設置することで、いたずらや盗難の被害を記録するだけでなく、抑止効果も発揮します。

SCENE 03

収蔵庫

収蔵品を守る空間の構築

ご提案 01

収蔵庫の構築にあたっては、優れた吸放湿性能をもち、環境性にも優れた調湿建材キュアライトを用いたギャラリーボールト工法を採用しています。

ご提案 02

収蔵作品・資料の形状や保管方法にあわせた収蔵什器のご提案、運用の際の利便性にも配慮した什器設計を行います。

火災発生時の収蔵庫内温度を80℃以下に抑える性能を有する収蔵庫扉を使用することで、文化財を火災から守ることができます。また、四方に取り付けられた防湿ガスケットにより、外部からの湿気の流入を防ぎ、収蔵品の劣化や万が一の災害から守る設備を構築します。

ご提案 03

ご提案 04

収蔵庫内への部外者の立ち入りを防ぐことが可能です。また、入退室の履歴をとることで、「いつ」「誰が」部屋に入ったか分かるようになるため、内部管理も可能になります。入退室履歴や監視カメラと連携することで、よりセキュリティレベルの高い空間を構築することができます。

SCENE 04

バックヤード(事務室、学芸員室)

セキュリティ運用で省力・省エネ化を実現

ご提案 01

収蔵庫や什器、展示ケース、事務所の扉など、美術館や博物館にはたくさんの鍵が存在します。鍵管理装置を使えば、これらの鍵をまとめて保管し、利用者の制限や履歴の記録をシステム上で行い、鍵の貸し借りを効率化することができます。

ご提案 02

照明器具、エアコンなどの各種設備と入退室管理システムを連動させ、退室時は自動で電源オフ。電気や空調の点けっぱなしによるエネルギーのムダ使いを防ぎます。

CASE STUDIES

ミュージアムに関する事例紹介