SOLUTION ACCORDING TO THE SCENE課題別ソリューション

保管・保存
ソリューション

重要物・文化財などあらゆる価値を様々な脅威から守る

現金をはじめとする重要物は、失われると大きな損害となるため、盗難、火災、地震等のあらゆる脅威を想定しなければなりません。また、文化財はそれらの脅威に加え、温湿度変化・虫菌害などからも守る必要があります。クマヒラは長年培ってきた高い技術力で、お客様の大切な価値をお守りします。

SCENE 01

重要物を安全に保管したい

確実な防盗・耐火性能により保管物を守る

ご提案 01

重要物を盗難や火災の脅威から守るためには堅牢な置金庫が有効です。
また、置金庫と同等程度の防盗・耐火性能を有する保管庫を組み合わせたキャビネットを使えば、保管物の重要度にあわせて効率よく保管できます。

ご提案 02

金庫室・書庫設備を構築し、大量の書類や外部への流出が許されない重要物を盗難・火災等から守ることができ、防水対策も 講じることができます。

SCENE 02

大量の鍵の管理を効率化したい

効率化、省力化とセキュリティ対策

ご提案 01

ICカード等により鍵の貸し借りを自動化するだけでなく、システムが鍵ごとに利用権限を付与し、「いつ」「どこで」「誰が」利用して いるか等の履歴を残すことができます。
利用履歴の厳正な管理により、内部管理を実現できます。

SCENE 03

文化財を安全に保管・展示したい

時を越え、価値を継承

ご提案 01

文化財の保管・保存に適した収蔵庫設備には防盗・耐火性能はもちろんのこと、調湿性能も備える必要があります。収蔵庫を不透湿工法(ギャラリーボールト工法)にて施工し、仕上材に高い調湿性能を誇る建材を用いることで、庫外からの汚染因子の流入を防止すると共に、急激な温湿度変化の少ない環境を構築いたします。

ご提案 02

作品・資料の大きさに合わせた什器の選定・製作、中二階の導入など、収納効率が良く、かつ作業をされる方や収蔵作品・資料の安全を考慮した什器設計をご提案することも可能です。

ご提案 03

クマヒラでは展示ケースの内部環境に配慮した内装材の選定等を行い、展示ケースを製作いたします。また、ご要望に応じて免震装置を設置することも可能です。
展示ケースの新設だけではなく、既存展示ケース内空気質の清浄化を目的とした改修もご提案いたします。

CASE STUDIES

保管・保存に関する事例紹介