SOLUTION ACCORDING TO THE SCENE課題別ソリューション

防災・BCP対策
ソリューション

人命をはじめとする資産を守るクマヒラのセキュリティシステム

災害に対して命を守ることはもちろん必須ですが、生活を支えるという観点では「会社が事業を継続すること」もまた重要です。大雨による浸水や社屋の倒壊や火災、停電などの被害から人命をはじめとする資産を守り、少しでも早く立ち直って、元通りの事業ができるように対策をしておかなければなりません。また、事業の継続が危ぶまれるような事態は災害だけに限りません。テロなども想定しておく必要があります。クマヒラでは災害発生時の事業継続のため、全社の状況把握と、緊急要員を臨機応変に活用する対策、テロ対策をご提案致します。

SCENE 01

BCP対策を行いたい

災害時における営業開始、侵入対策

ご提案 01

交通規制や公共交通機関の停止により鍵当番の出社が困難になった場合も、入退室管理システムを導入すればICカード+緊急時の暗証番号で、臨時解錠が可能となります。また、ネットワークが繋がっていれば本社等の別拠点より、遠隔操作で解錠をする事も可能です。

ご提案 02

建物の通用口に入退室管理システムを導入する事で、誰が建物内にいるのか、出社状況をパソコンで確認する事ができます。ネットワークが繋がっていれば他拠点の出社状況も一覧で確認をする事ができ、臨時の人材配置を検討する際にも有効です。

ご提案 03

監視カメラシステムを導入し、各拠点間のネットワークが繋がっていれば、遠隔拠点のカメラ映像を確認する事ができます。
なお、全方位カメラを採用すれば広範囲の映像を効率よく確認することも可能です。

SCENE 02

浸水対策(洪水、津波などの水害)

重要な部屋を浸水対策したい

ご提案 01

災害が起きても、電気室・発電気室などの重要室やインフラ施設が稼働できるよう部屋の出入口に水密扉を設置する事で、扉からの浸水を抑え、設備の故障・停止から守る事が可能となります。昨今、日本では記録的な豪雨、河川の氾濫、地震による津波など水害が頻発しておりますが、災害後もインフラ施設が正常稼働することで、被災地の復興に大きな効果が期待できます。

SCENE 03

テロ対策

危険物の検知、部外者の侵入対策

ご提案 01

液体検査装置を導入する事で、液体の爆発物・可燃物を瞬時に検知し、テロを未然に防ぐ手段となります。持ち運びが可能で、様々なシーン(オリンピック会場、空港、鉄道、イベント会場、国際会議など)に活用できます。国内生産品で、全国のサポート体制も充実しております。

ご提案 02

凶悪犯に脅迫をされ、施錠している部屋を解錠しなければならない場合に、入退室管理システムで犯人に気づかれず外部へ通報をする事が可能となります(ホールドアップ機能)。例えば普段はカードをかざすだけで解錠する扉を、カードをかざす前に特定操作を行うと外部への通報ができます。

ご提案 03

セキュリティゲートを導入することで、部外者の通行を物理的に阻止する事ができます。また、許可された人物のみを通行させることも可能です。強固なセキュリティだけでなく、ステンレスの質感を活かしたシンプルなデザインで、建築空間に調和します。

CASE STUDIES

防災・BCP対策に関する事例紹介