SECURITY SYSTEM セキュリティシステム

液体検査装置 LSR-M2

液体の爆発物・可燃物を瞬時に検知

近年急増している液体爆発物によるテロ。飲料や化粧品、飲み薬などに偽装でき判別が困難であることから、国内外を問わず大きな脅威となっています。
簡単な操作で液体の危険性を瞬時に判定する液体検査装置LSR-M2は正確かつスムーズな検査を実現し、テロ対策の強化に貢献します。

MAIN FEATURE

液体検査装置 LSR-M2の特長

ECAC TypeB Standard3に適合

クマヒラの液体検査装置は、日本で初めてECACの性能基準(TypeA Standard3およびTypeB Standard3)に適合。国内外を問わず、数多くの空港でご導入いただいています。

※ECAC(European Civil Aviation Conference)はEU圏の国と地域が参加する、
 航空輸送システムの開発や基準策定を行う組織です。
※「TypeA」は液体を容器から取り出して検査する装置のカテゴリーです。
※「TypeB」は液体を容器に入れたまま検査できる装置のカテゴリーです。
※「Standard3」は検査精度が最上位であることを表します。

様々な材質・形状の容器も瞬時に検査

ペットボトル、ガラス瓶、金属缶など多様な材質・形状の容器に対応するセンサーを搭載しており、透明な袋に入ったままの容器でも検査できます。
※特殊素材のラベルに覆われた容器などは、そのまま検査できない場合があります。

設置場所を選ばない小型・軽量設計

30cm四方に収まる小型の装置は設置場所を選ばず、コンセント1口で検査を開始できます。軽量で持ち運びも容易なため、保安検査レーンの増減などに素早く対応可能です。

一元管理が可能なソフトウェア

液体検査装置LSR-M2の稼働状況をネットワークで一元的に監視し、検査履歴の検索や集計が可能な保安検査管理ソフトウェアをオプションでラインナップしています。