SECURITY SYSTEM セキュリティシステム

セキュアキーロック2

大量の鍵・重要物を保管する、オープン収納型

オープン収納型のキーユニットとトレーユニットを組み合わせ、大量の鍵・重要物を1台の鍵管理装置で管理できます。
「いつ・だれが・どの」鍵を持ち出し、返却されたかを正確に記録。煩雑な運用になりがちな鍵やカードの所在を明確にし、徹底的に管理していることを証明できます。

MAIN FEATURE

セキュアキーロック2の特長

キーホルダーとトレーの混在管理

管理する鍵や重要物の種類、数に合わせて自由に組み合わせられるユニット構造により、最大480個のキーホルダー・トレーを管理できます。

鍵の持ち出し者照会

認証端末に液晶タッチパネルリーダーを採用すると、画面上で現在鍵を持ち出している人を確認することができます。

入退室管理システムとの連携

利用者の入室・退室の状況に応じて利用を制限。不正入退室者の鍵利用防止や、鍵を返却しなければ退出できないよう規制します。(キーホルダータイプのみ)

監視カメラシステムとの連携

鍵管理機の異常や不正利用を録画映像と紐付けて表示・保存が可能です。その場の状況を迅速かつ確実に把握することができます。

SPECIFICATION

仕様

キーホルダー

鍵やUSBメモリ等を吊下げることができます。封かん部に割り振られた管理番号を控えておくことで、厳正な管理が可能です。

キーユニット

1ユニットにつき30本のキーホルダーを管理することができます。トレーユニットとの混在が可能です。

トレー

有効内寸法W67×H55×D147(mm)のトレーです。施解錠状態を示すLEDを標準装備しているほか、オプションでカードスタンドをご用意しています。

トレーユニット

1ユニットにつき32個のトレーを管理することができます。キーユニットとの混在が可能です。

制御ユニット・認証端末

制御ユニット1台で、複数のユニット(計480キー・トレーまで)を混在して管理できます。認証端末は運用方法に応じて自由にお選びいただけます。

バックアップバッテリー(オプション)

停電発生時、自動的にバッテリー供給に切り替わり、一定時間の運用継続が可能です。復電時は自動的に入力電源に戻ります。

SYSTEM CONFIGURATION

システム構成

運用に合わせた柔軟なシステム構成が可能です(セキュアシリーズ)。